現在、 トップページ ≫ 広域連合の業務 ≫ 介護保険top ≫ 短期入所や施設を利用する時の食費と居住費について です。

■ 短期入所や施設を利用する時の食費と居住費について ■
 介護サービスを利用するときにかかる食費や居住費(滞在費)は、利用者と事業者の契約によって料金が決められ、原則として利用者の全額自己負担になります。

 しかし、所得の低い方は、負担限度額認定を受けることにより、自己負担を軽減することができます。

 対象となるサービスは、短期入所(生活・療養)サービスと施設サービス(特養・老健・療養)です。

制度を利用できる方

・同一世帯の全員(世帯分離している配偶者含む)が市町村民税非課税

・配偶者(別世帯の配偶者も含む)が市町村民税非課税

・預貯金等(※)の額が 配偶者がいる方 :合計2,000 万円以内

            配偶者がいない方:  1,000 万円以内

※    預貯金、有価証券(株式・国債など)、金・銀など、投資信託、タンス預金(現金)となります。



上記全ての条件に該当する方は下の利用者負担段階に分かれ、自己負担が軽減されます。


利用者負担段階 収入等の状況
第1段階 利用者本人が、老齢福祉年金受給者か生活保護の被保護者
第2段階 利用者本人の合計所得金額課税年金収入額非課税年金収入額の合計が、
年間80万円以下の方
第3段階 第1段階および第2段階に該当しない方



▼段階別利用者負担限度額一覧
居住費
【単位:円】
食費
【単位:円】
利用者負担段階 部屋の類型 特養
(短期生活)
老健・療養
(短期療養)
共通
第1段階 ユニット型個室 820 820 300
ユニット型準個室 490 490
従来型個室 320 490
多床室 0 0
第2段階 ユニット型個室 820 820 390
ユニット型準個室 490 490
従来型個室 420 490
多床室 370 370
第3段階 ユニット型個室 1,310 1,310 650
ユニット型準個室 1,310 1,310
従来型個室 820 1,310
多床室 370 370

▼この制度を利用するためには(申請からサービス利用までの流れ)
介護保険負担限度額申請について
申請方法 下の提出書類に必要事項をご記入・押印の上、北アルプス広域連合介護福祉課に提出してください。

介護保険負担限度額認定申請書(PDF形式:132KB) ※両面印刷してください。

【介護保険負担限度額認定申請書の書き方】(PDF形式:350KB)

  ・預貯金(普通・定期)、有価証券等の通帳のコピー (必ず記帳してからコピーしてください)

 ※(1)銀行名・口座番号・名義人等が記載してあるページ
   (2)提出日からさかのぼって2か月分の記載ページの両方が必要です。

 ※本人及び配偶者名義の全ての通帳について、残高の多少に関わらず、コピーが必要です。

認定有効期間 申請した月の1日から翌年7月31日まで
 広域連合において課税状況や預貯金等を確認し、認定された方のみ「介護保険負担限度額認定証」を交付します。認定証の有効期限を確認し、大切に保管してください。
 対象サービスを利用するときには、認定証を提示してください。
 サービスを利用するときに、この認定証を提示することで、自己負担が負担限度額の範囲内で済むようになります。

お問い合わせ
 不明な点や申請の詳細については、担当のケアマネジャーやご利用の施設、または北アルプス広域連合介護福祉課までお問い合わせください。