現在、 トップページ ≫ 広域連合の業務 ≫ 広域消防 ≫ ダイヤル119 です。

関連リンク集
関連リンク集
関連リンク集


■119番のしくみ
■位置情報通知システム 平成26年2月から119番の仕組みが変わります
■携帯電話の位置情報の精度
■山岳地域から要請される方へ
■テレフォンCPR
■消防本部の通信指令員からのお願い

■119番のしくみ
 
 大北地域からの119番通報は、北アルプス広域消防本部の通信指令室で受付しています。
 119番が入電した通信指令室は、通信指令員が出動に必要な情報を聞いて、適応する部隊に出動指令を出します。

 通報する際は、落ち着いて通信指令員から聞かれたことに答えて下さい。

 また、古い公衆電話の中には、119番通報時に消防署の通信指令員と会話できない場合があります。この場合は通信指令室から呼び返すことで通話が可能となりますから、慌てずに消防署の通信指令員の指示に従ってください。
■位置情報通知システム
 平成26年2月から運用開始の位置情報通知システムは、NTTの加入電話、携帯電話、IP電話から119番通報した際、迅速に通報場所を特定することができるものです。

 近年、携帯電話加入者からの119番通報が増加したことで、屋外からの通報や観光客などの土地勘のない方からの通報も増加傾向にあり、通報場所(位置)の迅速な特定が課題となっていました。

 このシステムが利用することで、音声通話による聞き取りと同時に、通報者の位置情報が通信指令室の指令台ディスプレイの地図上に表示させることができます。
【対象となる電話】
NTT加入電話
携帯電話(第3世代携帯以降の機種)
IP電話(NTTひかり電話、KDDI)
【通知される情報】
1.音声と同時に位置情報が通知されないもの
→NTT加入電話の電話番号+加入者住所+加入者氏名
2.音声と同時に位置情報が通知されるもの
→携帯電話の電話番号+位置情報(緯度経度)
→IP電話の電話番号+加入者住所+加入者氏名
【「184」を付加した通報について】
 「184」を付した発信者番号非通知の場合は、通報者の位置情報が通知されません。

 ただし、緊急に位置情報が必要であると判断した場合には、強制的に位置情報を取得することがあります。
■携帯電話の位置情報の精度
機種 GPS機能付き GPS機能なし
測位方式 GPS測位 複数基地局測位 セルベース測位
算出方法 人工衛星からの位置を算出 3基地以上の基地局から位置を算出 単独の基地局から位置を算出
イメージ GPS測位のイメージ 複数基地局測位のイメージ セルベース測位のイメージ
誤差範囲 数メートルから
数十メートル
数十メートルから
数百メートル
数百メートルから
10キロメートル
【注意事項】
 携帯電話の位置情報の精度は、機種や電波の受信状況、GPS機能の有無等の条件により、通知される位置情報に誤差が生じます。(誤差は数キロメートルの場合もあります)
 また、正確な通報場所を把握するため、これまでと同じく通報者から住所や氏名を聞き取りしますので、落ち着いてお答えください。ご協力をお願いします。
このページの先頭に戻る
■山岳地域から要請される方へ
 万が一、登山など山岳地域において急病・事故などに見舞われた場合に、場所によっては119番通報をすることができる場合があります。

 しかし、当本部の管轄地域には標高の高い山が多く、麓から救出に向かうのが非常に困難となります。このため、長野県警山岳警備隊や遭難対策協議会、長野県の防災ヘリコプターなどが対応することになります。

 通報した方と接触するまで長い時間を要することが少なくありませんので、通報後は、指示があるまでその場を動かないようにしてください。

 また、通報に使用した通信器機(携帯電話など)は、救助隊から連絡をとる場合がありますので使用を控えてください。

 最後に、山岳地域での救助活動は天候に大きく左右されます。天候によっては救助隊が近づけない場合もありますので、登山をされる時はしっかりとした装備を心がけ、最寄の警察署に登山計画書を提出しましょう。

長野県消防防災ヘリコプター「アルプス」
■テレフォンCPR
救急車の通報などで、不幸にも呼吸や脈拍が停止したという場合もあります。このような時には、時間をおかずに応急手当を実施する必要があります。

消防本部の通信指令員は、このような事態が発生した場合、通報者が適切な応急手当ができるよう電話口で指導をします。これがテレフォンCPRです。

テレフォンCPRでは、通信指令員が手順に沿って随時指導しますので、落ち着いて実施してください。

テレフォンCPRには他にも窒息に対する手当や、出血に対する手当などもありますので、困ったことがありましたら通信員に相談してください。

また、このホームページにも応急手当のコーナーや情報提供ページへのリンク集もありますので参考にしてください。

このページの先頭に戻る
■消防本部の通信指令員からのお願い
的確な出動指令が発令できるよう通信指令室からお願いがあります。
  1. 通信指令員は、その管轄している地域に精通するよう普段から研究を重ねていますが、その地域出身の職員だけではありませんので、出動先の住所や目標物などはしっかりお伝えください。また付近に道路工事や交通障害などがある場合は必ずお伝えください。

  2. テレフォンCPRなど応急手当の方法はしっかりお伝えしますが、より迅速で的確な対応ができますよう、救命講習の受講をお勧めします。

  3. 状況によっては、通信指令員から再度折り返し情報を求める場合があります。通報した電話は消防署の職員が到着するまで使用を控えてください。特に携帯電話で通報されるときは、通報場所が圏内でも、若干移動しただけで圏外になってしまう場合がありますので、緊急の場合以外の移動は控えてください。特に山間地や山岳地域では注意が必要です。

  4. 局番なしの119番は緊急専用回線ですので、通常のお問い合わせや事務連絡などは各署の一般回線を利用してください。
    各署の一般回線はこちらです。

119番通報の流れ
 
このページの先頭に戻る

   

Copyright(C) Noth Alps wide area union All right reserved.
消防ポンプ自動車 水槽付消防ポンプ自動車 多目的積載車 救助工作車 はしご付消防自動車 高規格救急車 小谷村HPへ 白馬村HPへ 大町市HPへ 松川村HPへ 池田町HPへ