現在、 トップページ ≫ 広域連合の業務 ≫ 広域消防 ≫ 消防活動の紹介 です。

関連リンク集
各種ダウンロード
お問い合わせ
広域連合トップページへ


■消火活動
■救助活動
■救急活動
■緊急消防援助隊
■長野県消防相互応援隊

■消火活動
○ 消防隊とは
 消防隊は消防法令により定められた基準に則って編成された部隊で、火災のときの消火や色々な災害の被害軽減などに出場します。北アルプス広域消防本部では各署に配備されています。

○ 消防隊の装備
 消防隊は火災現場で炎や熱から身体を守るために防火衣を着装します。防火衣は非常に燃えにくい素材で作られています。また火災現場での有毒なガスなどから身体を守るために空気呼吸器を着装します。空気呼吸器は背中のボンベに入っている空気を吸い、呼吸を保護する道具です。

消防隊の装備

装備を装着した消防隊員
○ 消防隊の資機材
(1)消防用ホース、管そう
 火災現場に放水をする器材です。ホースの長さは20mあり、先端は消防用ホースや管そう・消火栓などが結合できるようになっています。消防用ホースにはいくつかの外径がありますが、北アルプス広域消防本部では主に65mmと50mmを使用しています。

 管そうは水道の蛇口のようなもので消防用ホースの先端に装着するものです。管そうには色々な種類があり、放水している水の形を変えられるものもあります。また、薬剤と水を混ぜて泡を放射できるタイプの管そうもあり、油火災や自動車火災などで使用されます。
50mm消防用ホース
50mmの消防用ホース
65mm消防用ホース
65mmの消防用ホース
二つのホースの内径の違い
二つのホースの内径の違い
管そうの種類
管そうの種類
上から、
泡放水用管そう
低反動の管そう
シンプルな直型管そう
管そうの先端
先端のノズル部分
(2)照明器具
 火災は夜間に起こることもありますので、現場で安全に活動できるよう各種の照明器具が用意されています。
携帯型照明器具
携帯型の照明器具
消防車の屋根に取り付けられた照明器具
消防車の屋根にもあります
(3)消防用ロープ、三連梯子
 消防用ロープは隊員の命綱や逃げ遅れた方の救出、道具の搬送など色々な用途に使用されます。消防用ロープは色々な長さのものが用意されており、用途に応じて使い分けられます。

 三連梯子は3m弱の梯子が三つ重なった梯子なので三連梯子と呼ばれています。梯子についているロープを引くことにより梯子が伸びます。高さは最大で8.7mで、その中で自由に高さを調節できます。梯子と梯子の固定は、梯子の横側についているツメで固定します。消防ではこの三連梯子とロープを組み合わせた色々な救助方法があります。火災現場などではとっさに何が起こるか分からないので、限られた器材の中で色々と組み合わせてあらゆる災害に対応します。
三連ばしごを使っての高所への進入
三連ばしごで高所へ進入する救助隊員
三連ばしごを使っての高所からの救出
三連ばしごと消防ロープを使用した高所からの救出
○ 消防隊の自動車
 消防隊が出動する自動車は主に、消防ポンプ自動車及び水槽付消防ポンプ自動車です。これらの車は消火活動を実施します。また火災の規模や形態に応じ、救助工作車やはしご付消防自動車・救急車なども出動します。

○ 火災現場の恐怖

 火災現場ではいくつもの危険が潜んでいます。その多くは命に関わるものが多く、火災現場での気のゆるみは命の危険に直結します。その中からいくつかを紹介します。

(1)一酸化炭素中毒

 火災現場では空気中の一酸化炭素中毒の濃度が増加します。一酸化炭素は火災の不完全燃焼に伴って発生します。一酸化炭素は無臭ですのでその存在は分かりません。また一酸化炭素は血液との結合力が強く、身体の酸素濃度が低下して危険な状態になってしまいます。身体の色がピンク色っぽくなってくるのが特徴です。

(2)フラッシュオーバー

 急激な拡大燃焼で、「火災によって発生した熱が、室内に蓄積され、家具・内壁等の可燃物が加熱されて燃焼しやすい状態となり、室内全体が一度に燃えだす現象」と定義されています。火災初期に現れやすい現象で、室内に充満した可燃性ガスが一気に燃え上がる現象です。室内温度も一気に上がり約1,100度まで上昇します。火災初期で非常に気をつけなければいけない現象です。

(3)バックドラフト

 アメリカで映画化されて有名になった現象です。「火災により酸素が欠乏し、高温の可燃性ガスが蓄積している閉鎖された区画に、酸素が取り入れられて発生する爆発的燃焼現象」と定義されています。区画がしっかりとした、気密性の良い、ある程度の広さをもった部屋で火災が発生すると発生しやすいと言われています。そのような火災で不用意にドアを開放すると爆発的な猛火に襲われてしまいます。同名の映画をご覧になるとよくわかると思います。

激しく炎上する住宅火災 防災ヘリが出場した林野火災
このページの先頭に戻る
■救助活動
○ 救助隊とは
 救助隊とは消防法令により定められた人命救出の専門部隊です。高度な資機材を用い、自分の力では生命危険から脱出できない人を安全な場所まで救出します。オレンジ色の服が特徴です。北アルプス広域消防本部では大町消防署と北部消防署に配備されています。

○ 救助隊の装備
 救助隊は火災現場や高所や低所といった落差を伴う現場、湖などの水難事故など、あらゆる現場へ出動し最前線で活動するため色々な装備を装着します。ここでは高所救出などで装着する装備を着けています。
救助隊の装備1
活動準備の整った救助隊員
救助隊の装備2
呼吸器を着装し閉所への進入準備をした救助隊員
○ 救助隊の資器材
 救助隊は数多くの資器材を駆使して救助活動を実施します。その中から代表的なものをいくつか紹介します。

(1)大型油圧救助器具
 可搬エンジンに連結された油圧ポンプで発生させた油圧の力で作動させます。主に自動車事故などで車外に出られなくなった場合に使用されます。
スプレッダーは大きなペンチのような器具で、潰したり拡げたりができます。
カッターは大きなはさみで鉄などを切ることができます。
大型カッターと大型スプレッダー
救助工作車に備え付けの大型カッターと大型スプレッダー
(2)画像探査機
 先端に取り付けたカメラやマイクで瓦礫の中などに取り残された人を発見する器具です。水中でも使用でき、水中の探索も可能です。画像は手元のモニターに映し出され記録をすることも可能です。カメラなどを取り付ける棒は6mまで伸びます。
画像探査機一式
画像探査機一式
画像探査機の使用
画像探査機にて検索活動を行う隊員
(3)救命ボート
 空気充填式のゴム製のボートです。空気充填式ですのでどこにでも持ち運びができ、8人まで搭乗できます。船体後部に船外機を装着することもでき高速移動も可能です。船体はいくつかの気室に分割されており、軽度の損傷なら浮力を保つことが可能です。
ウエットスーツ
ウエットスーツ一式
救命ボート一式
救命ボート一式
○ 救助隊の自動車
 救助隊が主に搭乗する車両は、救助工作車、はしご付消防自動車、多目的積載車があります。どの車両も車両そのものに多くの器材が設置されており、自動車を機材として使用します。救助工作車には照明装置、ウィンチ装置、クレーン装置、超高圧噴霧消火装置が設置されており、はしご付消防自動車には30mのはしごが、多目的積載車には照明装置が装備されています。
移動クレーン装置
移動クレーン装置
超高圧噴霧消火装置
超高圧噴霧消火装置(オートハイドレックス)
約20〜25MPaの超高圧で噴霧放水と泡消火ができます。
ウィンチ装置
ウィンチ装置
大型照明装置
大型照明装置
○ 消防救助技術大会の紹介
 消防救助技術の向上を目指し、毎年救助技術大会が開催されています。大会は県救助大会を始め、全国大会まであり日頃の技術練磨の成果を発表します。北アルプス広域消防本部でも毎年出場しており、日頃の訓練成果を発揮しています。
消防救助技術大会の訓練1 消防救助技術大会の訓練2 消防救助技術大会の訓練3
ロープ渡過訓練を実施する救助隊員 引揚救助訓練を実施する救助隊員 ロープブリッジ救出訓練を実施する救助隊員
このページの先頭に戻る
■救急活動
○ 救急隊とは
 救急隊とは消防法令により定められた救命活動を専門とする部隊です。高度な救命器具を用い、安全に患者さんを一番適した病院まで搬送します。特に救急救命士と呼ばれる人は、更に高度な救命器具を使用し、命の危機に直面している人を救命する命のスペシャリストです。北アルプス広域消防本部では各署に救急救命士が配置されています。

○ 救急隊の装備
 救急隊の活動する現場では血液や体液など感染症の危険のある現場も多いため、感染防護衣、手袋、マスクを着装して現場に向かいます。感染防護衣は各種の細菌やウィルスなどから身体を守ってくれます。これらの装備を装着することによって安全に活動することができ、患者さんも救命へとつながっていきます。 救急隊の装備
感染防護服を着装した救急隊員
○ 救急隊の資器材
 救急隊の使用する資器材にも多くの種類があり、全てが救命のために必要な資器材です。その中から代表的なものをいくつか紹介します。
(1)自動式体外除細動器(AED)
 痙攣状態の心臓に電気刺激を与えて、痙攣している心臓の動きを元に戻そうとする器具です。心臓は電気刺激により動いていますが、何らかの影響で心臓が痙攣状態になることがあります。痙攣状態の心臓は血液が送り出せないので早急に改善する必要があります。今は救急隊だけでなく住民向けに各所に配置されています。
救急車の積載のAED
救急車に積載されているAED
AEDを使う隊員
AEDにて除細動を実施する救急隊員
(2)酸素吸入器、携帯酸素吸入器
 身体には常に一定の酸素が供給され生命を維持しています。そしてこの酸素濃度が低下すると様々な障害が現れ、生命が危険に晒されます。救急隊はその徴候をいち早く発見し、必要であれば酸素を投与します。これらはそのための器具で、救急車に備付けられているものと持ち運びができるものがあります。酸素吸入器は救命には欠かせない器具です。
救急車備え付けの酸素吸入器
救急車備付けの酸素吸入器
携帯型酸素吸入器
携帯型の酸素吸入器
酸素投与の様子
酸素投与を受ける傷病者
(3)バックボード
 交通事故などで脊椎(背骨)を損傷してしまった場合、不用意に動かすと思わぬ後遺症が残ることがあります。救急隊はこのような危険を避けるために危険性のある患者さんはこのボードの上に安静に患者さんを収容し全身を固定した後、搬送します。この方法は現在マニュアル化が進んでおり、より安全により確実に搬送できるよう研究が進んでいます。
バックボード
救急車に積載されているバックボード
バックボードの使用
バックボードに傷病者を固定する隊員
○ 救急隊の自動車
 救急隊の乗る車といえば救急車です。この救急車には普通の救急車と高規格救急車があります。高規格救急車は普通の救急車より更に高度な救命資器材が搭載されています。心電図モニターや人工呼吸器、点滴の自動ポンプなど病院と見間違うような資器材があります。北アルプス広域消防本部は各署に高規格救急車を配備しており、このような高度な資器材を活用して住民の皆さんと皆さんの家族をお守りしています。
このページの先頭に戻る
■緊急消防援助隊
○ 緊急消防援助隊とは
 緊急消防援助隊は阪神大震災を教訓に整備された広域応援体制のことです。大規模な災害が発生した場合、総務省消防庁長官の命令で都道府県単位で部隊が編成され、被災地へ出動します。このとき、北アルプス広域消防本部は長野県に属しますので、長野県緊急消防援助隊として他都道府県に出動します。北アルプス広域消防本部では現在、消火隊、救助隊、救急隊に登録されています。

○ 北アルプス広域消防本部の緊急消防援助隊の活動実績
 北アルプス広域消防本部では制度制定以来、計4回応援出動をしています。出動内容は次のとおりです。
「平成16年新潟・福島豪雨災害」
 平成16年7月に新潟・福島両県で発生した豪雨災害に出動。北アルプス広域消防本部は救助隊として出動し、新潟県見附市・三条市へ展開。救助ボートにて計100人を救出する。
見附市での救助活動1
見附市の孤立集落からの救助活動
見附市での救助活動2
見附市での救助活動
長野県隊の集結風景
長野県隊の集結風景
「平成16年7月福井豪雨災害」
 平成16年7月に福井県で発生した豪雨災害に出動。北アルプス広域消防本部は救助隊として出動し、福井県福井市へ展開。現場到着後、救助事案が解決し、活動なし。
夜の集結風景
夜の長野県隊集結風景
早朝の活動準備
早朝、活動の準備をする当本部の救助隊員
解散式の様子
解散式に集結する援助隊隊員
「平成16年新潟県中越地震」
 平成16年10月に新潟県中越地方を襲った地震災害に出動。北アルプス広域消防本部は救助隊として出動し、新潟県小千谷市・長岡市へ展開。長岡市妙見町にて発生した土砂崩落現場で行方不明家族3人の捜索・救助活動に従事する。
自動車埋没現場付近
自動車が埋没した妙見町の現場付近
救出現場までの通路確保
救出現場までの通路を確保する救助隊員
手信号を送る隊員
上部の救助隊員に信号を送る当本部の救助隊員
「平成23年東日本大震災」
 平成23年3月に発生した、東北地方太平洋沖地震等における救助活動状況については、
こちらのページをご覧ください。
■長野県消防相互応援隊
○ 消防相互応援隊とは
 県内で大きな災害が発生した際に、消防相互応援協定により長野県内13の消防本部から応援隊が出動し、人命救助等の活動を効果的かつ迅速に行えるよう、地域を越えて駆けつけ、一致団結して対応します。

○ 北アルプス広域消防本部の消防相互応援隊の活動実績
「平成26年御嶽山噴火災害」
 平成26年9月27日に御嶽山にて発生した噴火災に出動。北アルプス広域消防本部からは、消防隊・救急隊・支援隊15次隊まで、延べ77名を派遣。
 木曽広域消防本部管内の通常消防業務の支援、自衛隊ヘリコプター支援、救急業務支援を行う。
 平成27年7月29日から9日間にわたり行方不明者の再捜索活動。延べ27人を派遣。
自衛隊ヘリ支援
自衛隊ヘリコプター支援の様子
このページの先頭に戻る

   

Copyright(C) Noth Alps wide area union All right reserved.
消防ポンプ自動車 水槽付消防ポンプ自動車 多目的積載車 救助工作車 はしご付消防自動車 高規格救急車 小谷村HPへ 白馬村HPへ 大町市HPへ 松川村HPへ 池田町HPへ