トップページへ広域連合の業務広域連合について圏域情報メールでのお問い合わせ
    現在、 トップページ ≫ 広域連合の業務 ≫ ごみ処理広域化の推進 です。
 
 北アルプス広域連合では、管内の関係3市村(大町市、白馬村及び小谷村)の一般廃棄物の広域処理を推進しています。
(北アルプスエコパーク外観イメージ)
【分別のご案内】 平成30年8月からごみの分別方法が変わります。
           (ご案内開始は平成30年7月予定です。)
【施設のご案内】 新しい一般廃棄物焼却施設「北アルプスエコパーク」を建設中です。

【測定データ】 エコパークへのごみの搬入量などのデータを公表しています。
 
新着情報
  2018.05.31 工事予定(平成30年6月)を更新しました。【新着】
2018.5.1 工事予定(平成30年5月)を更新しました。
2018.3.28 工事予定(平成30年4月)を更新しました。
2018.2.23 工事予定(平成30年3月)を更新しました。
2018.1.10 一般廃棄物処理施設維持管理業務の入札を行いました
   
トピックス
鳥の巣箱づくりを行いました

 小学生の皆さんと鳥の巣箱づくりを行い、北アルプスエコパークの周辺の森に設置しました。
 大勢の皆様にご参加いただき、ありがとうございました。

巣箱づくりの様子

・開催日  平成29年8月6日(日曜日)
・参加者  小学生及びご兄弟  8名
       保護者の方       6名
       かんきょうサポーター 3名

ごみ処理広域化の必要性について

 大町市環境プラント及び白馬山麓清掃センターの一般廃棄物焼却施設は、共に建設からおよそ30年が経過し、老朽化が進むとともに、維持管理費用も増大しています。

 こうした中、2か所の施設を1か所に集約することにより、施設の建設・維持管理費用の削減と、環境負荷の低減が可能であることから、ごみ処理の広域化を進めています。

  広域化のメリット・デメリット
    こちらをご覧ください(PDF形式:110KB A4判2ページ)




その他

 ・計画・報告書  各種計画及び報告書等をダウンロードできます。

 ・生活環境影響調査  北アルプスエコパークの整備にあたり実施した調査です。

 ・これまでの経過  ごみ処理広域化の経過です。

■お問い合わせ■
・総務課施設整備推進係
0261-22-6764




■情報紙「ごみレポ」■
情報紙「ごみレポ」バックナンバー
最新版
Vol.10
平成29年7月号
   
北アルプスエコパーク
工事予定

最新版
平成30年6月
   


北アルプスエコパークの工事の様子を定点から撮影した画像です。
   
   


   

Copyright(C) Noth Alps wide area union All right reserved.